国頭フォレストノルディックウォーク

国頭/観光/コンシェルジュ

国頭の森をご案内する

「国頭フォレストノルディックウォーク」

今回はモニターツアーを企画しました

森林公園がスタートです

本日はこのメンバーで歩きます

少し曇っています

トレイルのコースから歩いて行きます

森の深い所は別世界

皆さん思わず立ち止まって

深呼吸

ノルディックのポールはトレイルで活躍しますね

川のせせらぎ木の葉を踏む音

風の音と草木の匂い

日々のストレスから解放されて皆さん笑顔

しばらくはアスファルトの道を進みます

この季節はエゴの花が美しく咲いています

与那覇岳登山道入り口到着です

今日は与那覇岳へは上がりません

昨日までの雨で至る所か水が湧いて路面はしっとり

ヘゴの木にメンバー皆さん圧倒されています

ジュラシックパークです

さっきまで晴れていたのに雲行きが怪しく

ついに雨が降り出しました

木の下で雨宿り

小降りになった隙に歩きます

あと一息でランチタイム

cafe OkinawaRail さんに到着です

お腹が空きました!

今日のメニューをオーナーさんが説明

国頭の野菜、自家栽培の野菜が美味しいですね

今日のスープは濃厚ジャガイモダイコンポタージュ

美味しく頂きました

本来なら水汲み場まで行きたかったのですが

天候が不安定

次回までお預けになりました

帰り道はあっという間

ゆいゆい国頭で解散です

今回歩いた時間は2時間40分距離⒏4キロのツアーでした

今回モニターツアーに参加頂いた皆様に

色々とご感想アドバイス頂き

今後のツアーに反映させて

参加されたお客様の心に残るツアーに

したいと思います

モニターの皆様お疲れ様でした

ツアー開始募集のお知らせは

また準備出来次第お知らせ致します

どうぞお楽しみに

 

国頭コンシェルジュ晴美でした

 

フォレストノルディックウォークのご案内

国頭/コンシェルジュ/遊び/ご案内

 

こんにちは国頭コンシェルジュ晴美です

国頭は寒緋桜が見頃を迎えて

里も山もピンクに染まっています

ということは今が一番寒いということですね

さて、本日はフォレスノルディックウォーキングの

ご紹介です

場所はこちら、国頭村森林公園

こちらをスタートして往復するコースを

ご案内致します

まずは公園内を通過します

これは木の形をした通称‘ツリーハウス’です

そこから公園内トレイルコースを進みます

道なの?というくらいのブッシュですね

ワクワクします

少し進むと舗装路ですが苔生しています

シリケンヤモリくんがかくれんぼしています

椿の花が咲いています

林道にでました

振り返るとこんな感じです

ここはヤンバルクイナの声も聞こえてくる

山の中です

しばらくは林道を歩きますが緑は深いです

大きな木に足が止まります

木のトンネルって素敵ですよね

看板が見えて来ました

沖縄本島で一番高い山‘与那覇岳’登山道入り口です

ここはまた別の機会にご紹介しましょう

ヘゴの大木が多くなってきました

まるで恐竜が出てきそうな亜熱帯のジャングルです

晴れていたら木漏れ日も美しいです

さらに林道を進んで行きます

ご紹介しましょう今日の相棒は

Excelのノルディック用ポールと

サロモンのトレイルシューズです

背の高いヘゴの木達

ヘゴの葉っぱは透かして見るとこんな風に見えます

倒木にキノコ達がいっぱい

海の中のサンゴのようです

この辺は水源が多く道には水が流れています

あまり里ではみたことのない木の実が

ヘゴの新芽は巨大なゼンマイです

遠くの山並みに黄色い葉っぱが映えます

道の先に何か見えてきました

Okinawa Rail さんの駐車場です

ちょうどお昼を過ぎた頃なのでランチにします

おなじみのこの看板が目印です

窓際の席に

今日はNEW menuのポークのプレート

地元の食材も使っています

美味しく頂きましたのでまた出発します

もう少し先まで歩きます

紅葉した葉と落ち葉

緑の中に濃いピンクが見えました

水汲み場です

週末や休日には遠くから水を求めて

たくさんの方がやってきます

 

こちらはさっきの木の実とちょっと違いますね

水汲み場の往復で約8.4キロほど

片道はゆっくり歩けば1時間ほどです

ランチを食べて帰ってくると約2時間半

どうですか?
このコースを歩いてみたいと思いませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待たせしました!

3月にこのコースを歩くモニターさんを募集します!

国頭トレイルランニング大会ウォークの部担当の

私がエスコート致します!

《Kunigami Forest Nordic Walk》

2018年3月17日土曜日11時30分森林公園集合

12時スタートしてOkinawaRailにて昼食(午後1時ごろ)

食事をしてスタートした森林公園に戻ります

森林公園到着後に公園内休養施設にてストレッチ

全行程3時間から3時間半を予定しています

今回はモニターツアーですので

◯参加料金はFREEですがお食事代は各自お支払い下さい

◯国頭村の森林公園に集合できる方

◯8キロ以上歩いたことのある方

◯健康で自然が大好きな方

◯定員8名様

以上の条件でモニターに参加されたい方は

お名前;

生年月日;

年齢;

参加したい理由;

下記のアドレスまで漏れのないようご記入いただき

ご送信ください

Nordicウォーキング用のポールレンタルございます

先着8名様

お申込みお待ちしております

下記のアドレスに‘フォレストウォーク申し込み’と
明記の上ご送信ください

kunigamiasobi@gmail.com

国頭の森を海を私と一緒に
遊びましょう

クニガミアソビドットコム

 

 

 

 

 

 

 

SUPリバークルージングで癒されました

国頭/観光/コンシェルジュ

 

こんにちは

国頭コンシェルジュ晴美です

日曜日、いいお天気に誘われてSUPへ

週明けから寒波が来るなんて想像できない

いいお天気です

SUPを準備してだれもいないビーチへ

海はとても綺麗です

今日は川を行けるところまで上ってみます

振り返ると海は青いです

橋の下をくぐって川へ

数百メートル先の堰まで漕いで行きいます

海の表情とは違いますね

遠くの山は緑です

58号線の通る橋の下をくぐります

堰へ到着しました

浅くなっているので注意が必要ですね

さあ、戻ります

淡水と海水が混ざる川なので色々な魚に会えます

戻る景色もまた風情があります

地域を流れる支流の交わるところ

さああと半分です

来た道?ですが見える景色が違って見えます

魚がいっぱいいますよ

ゴールの河口まであとわずか

海の青が見えました

海へと流れに乗って漕いで来ました

風が吹いて来ましたね

急ぎます

波打ち際を魚を追いかけながら進みます

約1時間のクルージングでした

ゆったり川をクルージングするのも

癒されます

たまにはこんなSUPもいいですね

 

さあ、午後は山へ参ります

この続きはまた次回

国頭コンシェルジュ

晴美でした

 

 

明けましておめでとうございます

 

国頭/観光/コンシェルジュ

 

2018年

明けましておめでとうございます

今年は国頭コンシェルジュとして
さらに皆様をステキな場所へご案内致します!
お楽しみに!

さてさて新年第1弾は

県内の客様をご案内

大好きなOKinawa Rail さんへ

 

今日のランチプレートはこんな感じで
お腹が減っていたので
あっという間に完食してしまいました

食後は近くの水汲み場へ

空気が冷たいです

水も冷たいです

内地の空気に近いですね

この日は太陽がかくれんぼ

日差しがなかったので本当にひんやり

上を見上げて見たらなんと!

桜が咲いていました!

寒緋桜

いよいよ1月中旬からは沖縄県内の桜の名所で

桜祭りがはじまります

寒さを感じないと咲かない桜

待ち遠しいのですが

寒いのはちょっと苦手ですね

 

 

背の高いヘゴが私たちを見下ろします

 

さあ、新年がスタートしました

これからも国頭のいい所へ
皆様をご案内致します

クニガミアソビドットコム

本年もどうぞよろしくお願い致します

 

国頭コンシェルジュ

晴美でした

国頭トレイルランニング大会がありました

国頭/観光/コンシェルジュ

 

国頭コンシェルジュ晴美です

先日国頭村では

国頭トレイルランニング大会というイベントが

行われました

今年で5回目を数えまして

私は光栄なことに

毎年ウォークの部の先導をさせていただいております

どうやら

トレイルランニング大会に

ウォーキングの部がセットになっているのは

珍しいらしく

なんと毎年参加者が増えております

今年は630名を引っ張らせていただきました

距離は8,5キロでございます

ちなみにトレイルとは

舗装等されていない山道のこと

五感を研ぎ澄まして歩きます

先導の私にぴったりと付いて歩くのは

小学生低学年のキッズたち

時折弱音を吐いたり

強がったりして

私の背中に付いて来ます

森の一番深いところは

だいぶいい雰囲気がございまして

亜熱帯の森を堪能することができます

しかしなから残念なことにこのコースは

私有地が含まれており

いつも誰でも歩くことはできません

でも

森林公園はいつでも歩くことが可能です

なので

森林公園からスタートする

ノルディックウォーキングのツアーを企画します

もちろん

私がご案内

ご案内できますまで今しばらく

お待ちくださいませ

 

亜熱帯の森を

ご一緒に歩きましょう

なかなか出会えないヤンバルクイナの声を

野生のバナナの木を

一緒に探しに行きましょう

そしてまた来年のトレイルランニング大会で

お待ちしております

今回はこのへんで

国頭コンシェルジュ晴美でした

 

海辺のお宿のご紹介その1

国頭/観光/コンシェルジュ

こんにちは

国頭コンシェルジュ晴美です

 

国頭には山もあれば海もあります

朝起きて風がなく

いいSUP日和だと感じたら

直ぐに出かけます

今日もこの相棒と一緒に

波消しブロッククルージング

影が海底に映ります

今朝もいい透明度

波消しブロック到着です

水が綺麗です

実はココはサンゴが定着しつつあり

小さな魚たちの隠れみの

プチ水族館です

相棒も興味津々

鏡のように風景が映りこみます

外側は少しずつ深くなり大きな魚も通ります

おっと風が吹いてきました

今日は相棒と一緒でしたが

次はあなたとご一緒に

陽が上がって海の色が碧くなりました

さて今回は帰り道にあるこちらのお宿

 

おや

入り口で誰かがお出迎えしていますよ

「くにがみ海辺のへちま荘」さん

今回は入り口だけご紹介

全貌はまた次回にお届けしますね

お楽しみに

 

国頭コンシェルジュ晴美でした

 

秋めいてきたので山へ行きませんか?Part2

国頭/観光/コンシェルジュ

こんにちは

国頭コンシェルジュ晴美です

「比地大滝歩き」Part1に続きまして

お待たせしましたPart2でございます

コース前半を通過しまして

いよいよど真ん中の「吊り橋ポイント」へ

道は続きます

歩きやすそうですよね

変わった形の木がお出迎え

階段が見えてきましたいよいよ登り

と、見えて参りました

森の中の「吊り橋ポイント」

吊り橋から下を覗くと。。。

若干ではありますが高所であります。。。

ちょうどここが大滝までの中間地点

看板が見えて参りました

滝まではあと半分

登った分一度下ります

下りは足元を気をつけて

あと少しです

山側に小さな水音が聞こえます

足元はこんな感じ

左手に川の流れが近くなりました

ここは水遊びができる最上流部です

今渡ってきた吊り橋も見えます

上流が近くなったと感じる大きな岩

ここから少し平らな道を行くと見えて参りました

エコトイレです

野鳥の看板がございます

ノグチゲラなどここにしかいない鳥に

出会うことができたらラッキーですね

さあ、ここからまた登ります

また水面が遠くなります

両側にロープのある階段

その後に見えてくるのは炭焼き窯跡

森に人の生活を支える跡がございます

さらに足を進めます

少し下ると東屋がございます

今度は水生動物についての看板です

ちょっと一休みがしたい方には最高ですね

ここは携帯の電波が届いているようです

さらに滝まで残り300m

見上げると大きな登り階段

ひたすら登ります

登っては下ります

そしてまた水の音

気がついたらあと150mです

あと少しです

まだ階段を登ります

大きな水のくぼみがありますが

滝壺ではありません、まだ少し先です

 

素晴らしい眺めです

山側には落石跡でしょうか

あと一つ階段を登ると。。。見えてきました

「比地大滝」でございます

滝壺の近くまで降りてみました

記念撮影はここですね

マイナスイオンをたくさんいただいて

ますます元気になりました

ここまでの所要時間は50分

写真を写しながらだったので少しゆっくりペース

大人の足で40分で滝まで行けます

エクササイズ的にも

リフレッシュにも最適なコースです

 

さて戻ります

階段は滑らないように工夫して作られています

手すりもしっかりしています

安心ですね

真ん中吊り橋ポイントです

吊り橋の両サイドは赤い鳥居みたいです

滝壺の注意事項がありましたのでご一読下さい

さらに下ると分かれ道だった場所へ

今日の相棒も記念撮影

ノルディックウォーキングのポールです

ヒカゲヘゴも美しいです

分かれ道下からの砂防ダム

もうすぐゴールです

キャンプ場はどこか海外の雰囲気があります

管理が行き届いていますね

快適なキャンプが楽しめそうですよ

 

入り口近くには拝所がありました

さあ、出口です

お疲れ様でした

テーブルと椅子があります

ちょっと足を休めてからも帰れますね

外には案内看板がございます

国頭の名所が掲載されております

以上が比地大滝キャンプ場のさわりでございます

これからのハイキングシーズンにうってつけの

比地大滝コースはイチオシのおすすめです

森は心も体も癒してくれます

森林セラピーって聞いたことありますか?

森林セラピーについてはまた次回

お伝えしたいと思います

では

 

国頭コンシェルジュ

晴美でした

 

 

秋めいてきたので山へ行きませんか?Part1

国頭/コンシェルジュ/観光

 

こんにちは

国頭コンシェルジュ晴美です

先週は台風21号で沖縄近海は大荒れ

波乗り三昧させていただきました

自然の力には感謝でございます

 

そして週明け

台風一過で秋の風を感じます

国頭観光ポイントの中の一つ

「比地大滝」へ行ってきました

とても歩きやすいので初心者におススメです

今回はこの「比地大滝歩き」前半をご紹介します

入り口で入場料をお支払い

今日はノルディックウォーキングのポールを持って

まずはキャンプ場を通ります

バーベキューができる施設がございます

テントを張る台の前を通ります

ここでキャンプしたら気持ちが良さそうです

キャンプコーナーを抜けると

下のような看板が見えて参ります

どちらかを選べるようです

私は上の道をチョイスしました

舗装されているので歩きやすくなっております

なにやら見えてまいりました

大きな岩のようにみえますね

砂防ダムというものでしょうか

なにかのアトラクションにも見えますよ

さらに進みます

緑が深くなって来ました

ここで下の道と合流です

舗装路をこのまま歩きます

足元はこんな感じ

まだまだ楽に歩けます

山側を見上げると巨岩が木に囚われています

緑のにおいがします

ここでまた分かれ道

私は上の道を選びました

蝉が鳴いています

さらに分かれ道

下へ行く道は川沿いへ出る道です

外人さんが川から降っていますね

気持ち良さそうです

私は上の道へ

先ほどよりも迫力のある巨岩が目の前に

前の台風で倒れた木々も景色になります

さらに上の道を登って、下ります

また看板が出てきました

ここからも川に出ることができます

その注意事項が書かれていますよ

川には降りずに道順通り本線を進みます

ちょっとした橋の足元はこんな感じです

気を付けないとポールの先端がささります

川面が鏡のようです

葉っぱの擦れ合う音が耳に気持ち良い

森林セラピー

聞いたことありますか?

ここでは森の癒しが受けられます

 

さあ、これからが比地大滝歩き前半のヤマ場

 

ですが。。。

この続きはまた次回

 

 

まだまだ比地大滝歩き続きます

お楽しみに

 

国頭コンシェルジュの晴美でした

 

 

 

この夏を振り返ってみましょう

国頭/観光/コンシェルジュ

こんにちは

国頭コンシェルジュ

晴美です

 

 

台風21号が近づいております

 

昨日まで30℃の真夏日が続いておりましたが

 

今日は朝からの雨模様

 

久しぶりに涼しい国頭になりました

 

間もなく秋が訪れるのでしょうか

 

私は沖縄の季節で一番好きなのは

 

やはり夏でございます

 

夏の何がいいかと申し上げますと

 

〝空気感〝

 

海の中でいう透明度

 

透明度が高い感じかするからです

みなさんも感じませんか?

 

この夏は

 

沢山のお客様をおもてなしいたしました

 

その中でも一番の思い出

 

振り返って見ましょう

 

いつもお世話になっている宮城家のみなさま

辺戸岬のタイドプールへご案内

 

初めはおそるおそる。。。

 

クモヒトデさんと初対面

ドキドキのタイドプールへ。。。

 

海と空と溶ける瞬間を感じて

 

きっとまた訪れたくなる

 

特別な国頭に

 

まだまだ台風の後の

 

穏やかな海に戻れば

 

タイドプールはまだまだ

 

楽しめますよ

 

いよいよこれから台風21号

 

最接近の国頭です

 

また真夏の美しい海へ

 

みなさまをご案内できる日を

 

楽しみにしております

 

美しいサンセットタイム

 

秋の足音を感じる今日この頃ですが

 

でもやっぱり夏が大好きな

 

国頭コンシェルジュ

 

晴美でした

 

 

 

クニガミアソビドットコムです

国頭/コンシェルジュ/遊び

こんにちは

国頭コンシェルジュの晴美です

今日も暑い一日中でしたね

空を見上げれば飛行機雲

今はもう10月

少しずつ秋の足音が

でもまだまだ暑いです

今日も30度以上ありましたね

これからは

秋にふさわしい

国頭の遊びをご紹介していきます

夏の遊びを振り返りながら

 

乞うご期待