国頭トレイルウォークDAY3

サンビスカス沖縄様
国頭トレイルウォーク
DAY3いよいよ最終日です!

A様ご家族と

O様ご家族

2グループをご案内です

今回もノルディックウォーク用の
ポールをお渡しして安全確保です

A様家族はトレッキングによく行かれるようで
一番下の子をおんぶでご参加
更に装備もバッチリです!

お天気も良く
絶好のトレイルウォーク日和

木のトンネルコース
結構な急階段です
ゆっくりと進みます


子供たちが口々に
「ハブに注意って看板がある!」
コースには他にも注意喚起の看板がたくさん
確かにハブは生息していると思います
しかしながら
トレイルウォーク中
公園内でのハブとの遭遇は一度もありません
そもそも彼等は夜行性なので
日中のDAYウォークでは
なかなか出会うことが無いのです
階段には滑り止めの枕木が付いているので
急勾配な下りも足元安全
さらにノルディックウォーキングの
ポールも持っているので安全ですね

 

アメンボがいる!
ミズスマシも!
階段を下り切ると川が流れています
ここではリュウキュウハグロトンボの
メスが飛んでいました

何かいないかな〜
・・・

いた!

この時期はキノボリトカゲの赤ちゃんが多く見られます
そういえば家のヤモリも小さいのが多いかも
孵化の季節なのかな?

恒例のこの木なんの木クイズ〜!
葉っぱの匂いで すぐ正解!
まだ取り残しの実がなっています
シークワサーは実も葉っぱもいい匂い!

コースにはテントを貼るための台座が
ひとまず全部登っていました

図鑑を片手に何かを探すキッズ
目が真剣です!


コースは整備のされている舗装路が多く
歩きやすいので小さいお子様と一緒でも
安全安心です


炭焼き小屋跡近くには水場があります

何がいるかな?とみんなで覗き込みます


窪地になっているここは高い木が多く
ノグチゲラの営巣の穴が開いている木があります
あそこにもあるねー!
さて何箇所見つかりましたか?

 


キノボリトカゲを見つけるのが上手になりました
そーっと捕まえたら
みんなで観察します
そーっと渡して。。。

シャツの袖にくっついて少しの間
一緒に歩きました
可愛いですね!


コース中盤の聖なる森コースは
浮き桟橋につながるコースです

お、ここにもキノボリトカゲ発見!


この子は大きい!
捕まえないで観察観察!
さっきのと色が違うねー
なんでだろうねー

さあ浮き桟橋に到着です!
ここではトンボがたくさん観察できます
この日は何種類見つけられたかな?
珍しいトンボに一同真剣!


水の中からシリケンイモリが空気を吸いに
何匹も何匹も代わる代わる上がってきます


おお!いっぱいいる!
空気吸ってまた潜った!
お腹が赤い!
みんな身を乗り出して観察しています

さてコース終盤になりました

最後のアップダウンです
一番下は涼しくて気持ちい川があります

何かいないかなー

森の一番低い場所でA様ご家族
記念撮影

一番小さい子も最後まで元気ハツラツ!
最後のコースの一番下まで降りてきました!

しかし下ったら上るという法則が。。。
最後までなかなかの階段が続きます


少しづつ上ってきます
このコースはあまり人が入らないので
イノシシが安心して食事をするようです
新しい土が掘り返されていました


一番小さな参加者の女の子
お父さんの手を引いて階段を上がります!
おうちでも手をつなぐとか
最近はないかもしれませんが・・・
森の中ではみんな素直になれるのかな?


森の中は緑がいっぱいで
生き物もいっぱいいました

最後の目的地
展望塔につきました!

眼下に広がる東シナ海は空と同じ青
きれいー!
皆さんこの景色を写真に納めていました

森が豊かだと
海が豊かというお話をしました
私たちは自然の循環の中で
生きているんだよって

お家に帰っても忘れないでね

サンビスカス沖縄のファミリーのみなさん
今日も国頭トレイルウォークにご参加頂き
ありがとうございました

またのお越しをお待ちしております

クニガミアソビドットコム

 

国頭トレイルウォークDAY2

サンビスカス沖縄トレイルウォーク体験DAY2
親子3組のご参加です!
元気いっぱいのサンビスカスサッカー少年は
スタート直後から
ワクワクが止まらない様子です

今日も天気がよくてウォーク日和
サッカーボーイは早速何か見つけました
キッズは目が良い!


何かトカゲみたいなのいた!
と草むらをじーっとみつめ。。。
逃げられたー!と
くやしそうでしたが
ウォークははじまったばかり
何匹の生き物と出会えるかな
楽しみです

月桃の実が鮮やかなオレンジ色に
実もにおいがするのかな?

いつもの日常では思うことも
感じないことも
森の中では気になりますね

アゲハチョウがたくさん飛んでいます

なんて名前のチョウかな?
図鑑を片手にすぐに調べ始めるので
サッカーボーイの1人には博士と命名
生き物に興味津々です


今の季節はチョウもたくさん観察できます
大きいアゲハから小さなシジミチョウまで

目を凝らせば小さな生き物がたくさん!


コースによっては
急な坂道は前が見えないほどの
ジェットコースターコースにドキドキ!

足元を かくにんしながら
仲良く一緒に進みます


博士〜下ばかり向いていると
生き物を見逃しちゃうよーとアドバイス

山の何処かから
ヤンバルクイナの鳴き声が聞こえてきます

ガールズたちはまた月桃の実に目が止まります

国頭のおばあ(知恵袋)に以前聞いたのですが
月桃にも色々種類があるようです
葉っぱが細いもの太いもの
花が小さいもの大きいもの
今度ゆっくり調べてみますね


国頭森林公園は
椿の植樹をしています
1月から花の季節になりますが
よく見ると椿の実がなっています
椿の実を初めて見たと保護者も感動


木のトンネルを進みます


水辺にはどんな生き物がいるかな?
覗き込んで観察


土の壁には珍しい食虫植物の仲間
モウセンゴケ


ネバネバする液が付いているのとを
実際に確認しました


みんなもそれ何なに〜?
見たことのない植物に
しばし足が止まります

この日もキノボリトカゲがたくさんお出迎え


捕まえたよ!と見せてくれる博士


木の色に擬態しているのでよく見ないと
スルーしてしまいます

いよいよコースは終盤
さあみんな頑張れ!

川が流れているところには
生き物の気配。。。

いましたいました!
シリケンイモリくんが橋の上でお出迎え
お腹の色が鮮やかなオレンジ色

さあゴールまであと少し!


イノシシが掘り返した土
間違いなく生き物がここに暮らしています

 

ほんのわずかな時間ではありましたが
サッカーボーイ達には大冒険
国頭の森が好きになってくれたかな?

コースの途中で
さてこの小さな草花は
ある飲み物に使われています
何でしょうか?
このクイズには皆さん大正解します
何てったって沖縄では有名な飲み物ですから

皆さんもこのクイズにチャレンジしに
国頭にお越し下さい

秋もだいぶ進んで来ました
森の中はまるで別空間

深呼吸如何ですか?

また一緒にトレイルウォークしましょう

ご参加ありがとうございました

トレイルウォークガイドツアースタートしました!

令和元年ついに
サンビスカス沖縄さんとの夢のコラボツアーが実現
国頭トレイルウォークツアーがスタートしました

第1回目の記念となるこの日に参加されたのは
お父さんとおにいちゃんといもうとの
K様3人組と

サンビスカストレイルウォーク
お母さんと息子さんのお二人で参加された
U様の2人組の計5名様!
お申込みありがとうございます!


えいえいおーっと
気合十分にスタートです!

歩き出して早速何かを見つけるキッズ!後ろの木に記念すべきキノボリトカゲ第1号

とても嬉しそうです

森林公園内のコースへ

階段の下が見えないくらいの急勾配

果敢に進みます

 

階段で滑ったりしないように

安全対策としてノルディックウォーキング用のポールを使って頂いてます

トレイルで今では必需品ですね

コースは水辺へと進みます
浮き桟橋ではたくさんの生き物を観察
真っ赤なトンボにびっくり!
トンボはここに何種類いるかな?
池のそこから泡が出てる!
何の泡でしょうか?
などなど
好奇心がキラキラ

この日はサービス満点で
シリケンイモリが空気を吸いに
水のそこから何匹も何匹も出てきてくれました!
子供たちも保護者の皆さんも大興奮!

ハグロトンボもたくさん飛んでいましたね
特に水辺のこのコースは
たくさんの種類のトンボに出会えます

土の壁にはシダ類がびっしり
どんな種類があったかお家に帰って調べてね

キノボリトカゲのキッズを捕まえて
ご満悦なキッズ!

すぐに逃してあげました
優しいね

さあコースも終盤!
まだまだ元気なキッズたち!

山の1番下には必ず小川が
まるで自然のクーラーみたい
涼しい風が吹き抜けていきます

1番景色の良いところで
記念写真
いい顔してます

この後もキノボリトカゲを見つけたり
イノシシの足跡をみつけたり
自然体験がいっぱい!

最後のコースを上りきると

展望台がお待ちかね

北風で白く霞んでしまっていますが
東シナ海が一望できます

このあと帰り際に
キッズに質問

山にはいっぱい生き物いたけど
海にもいっぱい生き物いるよね?
栄養がいっぱいあるからだけど
その栄養はどこから?

山が豊かだと
海も豊かになります

開発による伐採は
やんばる国立公園になり
条例で守られるようになりました
植樹も定期的に行われています

未来に残していきたい
やんばるの自然を
みなさんの目で
見に来てくださいね

きっと帰り道は
ぐっすりだったキッズたち

保護者の皆さん
大変お疲れ様でした

またのお越しをお待ちしています

ありがとうございました